一筆参上 from T-補綴. jp


「SF映画」

昔から父親の影響で、映画を観ることが好きでした。様々なジャンルがある中でSF映画が大好きで、面白そうなSF映画があれば必ず映画館に足を運んでいます。SF映画はScience fictionの略で、主に宇宙を舞台に描かれる非現実的な物語が多い映画です。今回はSF映画の中で名作とされる「スターウォーズ」について少し御紹介したいと思います。
スターウォーズは全9作品(時代順でエピソード1~9)から構成され、エピソード45612378(エピソード8が現在公開中である)の順で公開されています。旧三部作と言われるエピソード456では、主人公のルークと悪者で父でもあるダース・ベイダーが宇宙を巻き込んで親子喧嘩をする内容です。(端から見ればとんだ迷惑な親子だと思いますが・・・) 新三部作であるエピソード123では、悪役であるダース・ベイダ―の生い立ちが描かれています。続三部作であるエピソード789の内容は不明であるが、エピソード6以降の時代が描かれています。
スターウォーズの魅力は、やはり細やかな物語設定にあると思います。 例えば、映画の中で様々なキャラクターが登場しますが、どんな端役にも名前や出身惑星、経歴などバックグラウンドが詳細に設定されています。また物語中に細かく、もの凄い数の伏線が張り巡らされており、後のエピソードで回収されていく過程が非常にマニアックで好奇心をくすぐられます。(あくまで個人の見解です)
 一度も観たことがない方はぜひ一度ご覧になってはいかがでしょうか。(本田)