奨学金認定式参加記録


 7月27日(金)と28日(土)は大塚敏美育英奨学金の認定式に参加しました。そこでの感想について報告させていただきます。
 金曜日は見学の予定でした。まずは送迎車で板野工場に行きました。板野工場は山の中にあるようで、想像より広くて緑あふれる工場でした。この日は本当に暑かったです。同行の奨学生が「Do we have vending machine here?」と聞いたら、工場のスタッフの方がすぐに人数を数えて、お水をくださいました。そのあとは自動化された製造ラインで SOYJOYと錠剤の薬が出来るまでの流れを見学させていただき、記念品もいただきました。見学していた時、製造ラインで働いていたスタッフと目が合うと、その方が頭を下げて、挨拶をしてくれました。それは強く印象に残ったことでした。
 工場見学の後は大塚国際美術館に連れて行っていただきました。日本に来てからもう半年徳島で過ごしましたけど、大塚国際美術館に行くのは初めてでした。「写真を撮っても、直接手で触っていただいても構いません」と言われた時、びっくりしました。素晴らしい国際的な名画を近距離でじっくり楽しめるのはすごく感動しました。また、陶板複製画は風水害や火災などの災害にあっても色と形が変わりにくいと聞き、画の保存に大きく貢献ができると信じております。
 金曜日は淡路島·ウェスティンホテルに泊まりました。ルームメイトの二人とも中国人の女の子でした。話をしたら、ひとりは私と同じ市の出身で、その二人は同じ大学の出でした。偶然そうだったのか、それともご配慮いただいていたのかわかりませんが、私たちは気軽に話して仲良くなりました。
 土曜日は認定式でした。財団の代表理事が一人一人に、奨学生たちの名前を呼び、認定証を179人全員に授与しました。奨学生たちは全部外国人なので、名前がとても読みにくい人もいました。名前の読み方がよくわからない場合、代表理事がまず本人に確認してから再度呼びました。お辞儀をしながら、みんなに「おめでとうございます、頑張ってください」とおっしゃって、額に汗がながれている代表理事の姿は今でもさっきあったことのように思い出されます。
 懇親会の料理はとても美味しかったです。宗教のある奨学生がいるため、料理の成分は全部日本語と英語の両方で書いてありました。サクソフォンとピアノの演奏に伴って、民族服装を着ているいろんな国からきた奨学生と写真を撮ったり、みんな一緒に阿波踊りを学びながら踊ったり、すごくハッピーな時間を過ごしました。
 板野工場、大塚国際美術館、ウェスティンホテルを離れたとき、どの場所のスタッフの方たちも手を振って、見送ってくれました。その優しさに感銘を受けて、一生忘れられません。帰る時、同行のResmiさんに「They are really good to us,Liu san, we have to work harder.」と言われました。それを聞いて胸が熱つくなりました。その2日に会ったみんなにまた会うため、一生懸命頑張っていきたいと思います。また、自分の能力不足は知っていますし、大塚敏美さんのように偉い人になるのも難しいことだとわかっていますが、いつか、できるだけ、私みたいな夢を持っている若い人たちに、夢を叶えるお手伝いをして、彼らを支えていきたいと思っております。(LIU)