沿革


口腔顎顔面補綴学分野(教室)は1977年に東京医科歯科大学歯学部第3補綴学教室准教授の松本直之が着任し歯科補綴学第一講座として開設され、1979年に羽田 勝が准教授に着任し教室の原型ができあがった。教育は全部床義歯と部分床義歯を担当し、臨床は補綴歯科診療一般、研究は主として有床義 歯、発音に関する研究で開始された。その後、本学で最初にインプラントに関する臨床と研究が開始された。


1997年に松本直之が定年退職し、後任に講師の市川哲雄が第二代の教授に就任した。研究領域をインプラントに関する研究、高齢者に関する研究、 金属アレルギーなどの生物学的研究に広げ、教育も従来の有床義歯だけでなく、高齢者歯科学、口腔インプラント学も担当するようになった。2002年に講師 の河野文昭が歯学部附属病院総合歯科診療部教授に就任した。2002年に助教の永尾 寛が病院講師に昇任した。2007年に准教授の羽田 勝が歯学部口腔 保健学科教授に就任した。2008年に病院講師の永尾 寛が准教授に昇任した。2008年に助教の友竹偉則が病院講師に昇任した。2013年に病院講師の 友竹偉則が新設された病院口腔インプラントセンターの准教授に就任し、インプラントの臨床および教育の実質の担当責任者になった。2014年に助教の渡邉 恵が病院講師に昇任した。2015年に本教室の大学院修了の中道敦子が九州歯科大学教授に就任した。