• 研究内容
  • 研究テーマ
  • 研究業績
  • 新着情報
  • 研究内容
  •  のリスト

    論文が掲載されました


    教室の大学院生の倉橋宏輔らの論文「汎用デジタル機器を用いて製作した複製義歯:材料特性と臨床評価」が日本補綴歯科学会誌 9巻4号に掲載されました。

    論文が掲載されました


    教室の社会人大学院生(同門会会員)の檜原 司らの論文「各年齢階層におけるオーラルフレイルと身体的フレイルに関連する兆候 ーアンケートによる実態調査一」が老年歯科医学32巻1号(2017)に掲載されました。

    研究業績(H23~28年度)


    著書

    後藤崇晴、岩脇有軌、市川哲雄.補綴装置および歯の延命のための最新治療指針 歯界展望別冊(矢谷博文、峯篤史、中島純子、市川哲雄 編)力学的刺激に対する支持組織の負担様相:受圧の要素の観点から.医歯薬出版.東京.2016.5.25.144-151.  

    市川哲雄、馬場拓朗、矢儀一智 訳.咬合のサイエンスとアート(Martin Gross著、古谷野潔 監訳) 第4部 臼歯部咬合支持.クインテッセンス出版.東京.2016.8.10.209-238.

    會田英紀、石上友彦、市川哲雄、大川周治、大久保力廣、神原亮、熊野弘一、高田雄京、田中譲治、田中貴信、中村好徳、蒔田眞人、鱒見進一、水口俊介.新・磁性アタッチメント 磁石を利用した最新の補綴治療(田中貴信 編).医歯薬出版.東京.2016.10.10.

    市川哲雄,友竹偉則.Implant Dentistry Encyclopedia(編著 田中收,嶋田淳,白川正順).クインテッセンス出版.東京.2014.12.10.

    市川哲雄,友竹偉則.口腔インプラント学学術用語集 第3版.公益社団法人日本口腔インプラント学会 編.医歯薬出版.東京.2014.6.10.

    吉本勝彦,赤池雅史,苛原稔,市川哲雄 編.歯界展望別冊 歯科医師のための医学ハンドブック.医歯薬出版.東京.2014.5.25.

    Teruaki Ito, Tetsuo Ichikawa, Nevan C. Hanumara and Alexander H. Slocum. Teaching Creativity in Design Through Project-Based Learning in a Collaborative Distributed Educational Setting. Cloud-Based Design and Manufacturing (CBDM) A Service-Oriented Product Development Paradigm for the 21st Century Schaefer, Dirk (Ed.) Springer; 2014

    内藤禎人,永尾 寛,市川哲雄.見る目が変わる「欠損歯列」の読み方,「欠損補綴」の設計(本多正明,宮地建夫,伊藤雄策,武田孝之 編著) Section2 学術の世界から 1部分歯列欠損の分類とその意義 -症型の重症度(回復のための

    友竹偉則,石田雄一,市川哲雄.補綴臨床別冊 力を診る -歯列を守る力のマネジメント- (市川哲雄,森本達也,熊谷真一 編) Q&A インプラントとの隣接面コンタクトは喪失するか? 医歯薬出版.東京.2012.12.15.99-100

    友竹偉則,内藤禎人,市川哲雄.補綴臨床別冊 力を診る -歯列を守る力のマネジメント- (市川哲雄,森本達也,熊谷真一 編) 力学の基本 -生体に危険な力の理解のために-.医歯薬出版.東京.2012.12.15.56-58

    後藤崇晴,秋田和也,市川哲雄.補綴臨床別冊 力を診る -歯列を守る力のマネジメント- (市川哲雄,森本達也,熊谷真一 編) 歯の喪失率の年代変化から探る力の問題.医歯薬出版.東京.2012.12.15.38

    原著

     Takayuki Terykina, Yoshihito Naito, Tatsuaki Tagami, Yoshinori Morikawa, Yoko Henmi, Widyasri Pranangrum, Tetsuo Ichikawa, Tetsuya Ozeki: The effect of the release behavior of simvastatin from different PLGA particles on bone regeneration in vivo: Comparison of simvastatin-loaded PLGA microspheres and nanospheres. Journal of Drag Delivery Science and Technology 33(2016)136-142, 2016.
     Johansson P, Jimbo R, Naito Y, Kjellin P, Currie F, Wennerberg A.: Polyether ether ketone implants achieve increased bone fusion when coated with nano-sized hydroxyapatite: A histomorphometric study in rabbit bone. Int J Nanomedicine. 2016 Apr 6;11:1435-42. 
     Prananingrum W, Tomotake Y, Naito Y, Bae J, Sekine K, Hamada K, Ichikawa T.: Application of porous titanium in prosthesis production using a moldless process: Evaluation of physical and mechanical properties with various particle sizes, shapes, and mixing ratios. J Mech Behav Biomed Mater. 2016 Aug;61:581-9.
     石田雄一、藤本けい子、檜垣宜明、後藤崇晴、市川哲雄: 審美補綴のための補綴前処置、アタッチメントレベル・歯頸線 審美歯科治療のエンドポイントと評価法. 日本補綴歯科学会誌 8(2): 161-166, 2016
     Galli S, Jimbo R, Naito Y, Berner S, Dard M, Wennerberg A.: Chemically modified titanium-zirconium implants in comparison with commercially pure titanium controls stimulate the early molecular pathways of bone healing. Clin Oral Implants Res. 2016 Aug 16.
     松尾浩一郎、谷口裕重、中川量晴、金澤 学、古屋純一、津賀一弘、池邉一典、上田貴之、田村文誉、永尾 寛、山本 健、櫻井 薫、水口俊介: 急性期病院入院高齢者における口腔機能低下と低栄養との関連性. 老年歯科医学 31(2)123-132 2016.9.30
     Higaki N, Goto T, Ichikawa T.: Periodontal tactile input activates the prefrontal cortex. 
     Tsuyoshi Honda, Takuro Baba, Keiko Fujimoto, Takaharu Goto, Kan Nagao, Masafumi Harada, Eiichi Honda, and Tetsuo Ichikawa.: Characterization of Swallowing Sound: Preliminary Investigation of Normal Subjects. PLoS One. 2016; 11(12)
     Henmi Y, Naito Y, Jimbo R, Jinno Y, Sekine K, Hamada K.: Bone Ingrowth to Ti Fibre Knit Block with High Deformability. J Oral Maxillofac Res. 2016 Dec 28;7(4)
     Yoshizo Matsuka, Yoshiyuki Hagiwara, Katsushi Tamaki, Hisahiro Takeuchi, Masanori Fujisawa, Takahiro Ono, Yoshihiro Tsukiyama, Kan Nagao, Kazuhiro Tsuga, Hideki Aita, Hisatomo Kondo, Kenji Fueki, Hiroaki Tsukasaki, Keisuke Nishigawa, Shogo Ozawa, Rika Kuwatsuru, Hajime Minakuchi, Toshimitsu Iinuma, Takashi Matsuura, Kanji Ishibashi, Shigehisa Fujii, Toshihiro Hirai, Keiichi Sasaki, Hirofumi Yatani, Yoshimasa Igarashi, Yuji Sato, Tetsuo Ichikawa, Tetsuo Yamamori, Takuo Kuboki, Kazuyoshi Baba, Kiyoshi Koyano, Hironobu Sato, Hideo Matsumura: Reliability and validity of the patient disability-oriented diagnostic nomenclature system for prosthetic dentistry. J Prosthodont Res 61: 22-33 2017.1
     Kurahashi K, Matsuda T, Goto T, Ishida Y, Ito T, Ichikawa T.: Duplication of complete dentures using general-purpose handheld optical scanner and 3-dimensional printer: Introduction and clinical considerations. J Prosthodont Res. 2017 Jan;61(1):81-86.
     Alenezi A, Naito Y, Terukina T, Prananingrum W, Jinno Y, Tagami T, Ozeki T, Galli S, Jimbo R.: Controlled release of clarithromycin from PLGA microspheres enhances bone regeneration in rabbit calvaria defects. J Biomed Mater Res B Appl Biomater. 2017 Jan 9
     Takuro Baba, Takaharu Goto, Keiko Fujimoto, Tsuyoshi Honda, Kazutomo Yagi, Kan Nagao, and Tetsuo Ichikawa.: Age-related changes in geniohyoid muscle morphology predict reduced swallowing  function. Journal of Oral Health and Biosciences vol.30(2017)No.1 p.18-25
     Takashi Matsuda, Takaharu Goto, Kosuke Kurahashi, Toshiya Kashiwabara, Tetsuo Ichikawa.: Development of a digital impression procedure using photogrammetry for complete denture fabrication. International Journal of Computerized Dentistry . 2016;19(3):193-202.

    Takaharu Goto, Atsuko Nakamich, Megumi Watanabe, Kan Nagao, Miwa Matsuyama, Testuo Ichikawa: Influence of food volume per mouthful on chewing and bolus properties. Physiology & Behavior 2015 141:58-62

    Yagi k, Lowe AA, Ayas NT, Fleetham JA, Almeida FR: Swallowing and breathing patterns during sleep in patients with obstructive sleep apnea. Sleep Breath 19(1):377-384 2015

    Tsuyoshi Honda, Keiko Fujimoto, Takuro Baba, Kan Nagao, Akira Takahashi, Tetsuo Ichikawa: Swallowing sound waveform and its clinical significance: Evaluation using ultrasonography. Journal of Oral Health and Biosciences 28(1):21-27 2015.

    Yuki Iwawaki, Noriko Mizusawa, Takeo Iwata, Nobuaki Higaki, Takaharu Goto, Megumi Watanabe, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa, Katsuhiko Yoshimoto: MiR-494-3p induced by compressive force inhibits cell proliferation in MC3T3-E1 cells. Journal of Bioscience and Bioengineering 120(4), 456-462, 2015

    Takashi Matsuda, Takaharu Goto, Kazutomo Yagi, Toshiya Kashiwabara, Kan Nagao, Tetsuo Ichikawa: Part-Digitizing System of Impression and Interocclusal Record for Complete Denture Fabrication. Journal of Prosthodontics 2015 Nov 30. doi: 10.1111/jopr.12375. [Epub ahead of print]

    Takashi Matsuda, Takaharu Goto, Kosuke Kurahashi, Toshiya Kashiwabara, Megumi Watanabe, Yoritoki Tomotake, Kan Nagao, Tetsuo Ichikawa: Digital assessment of preliminary impression accuracy for edentulous jaws: Comparisons of 3-dimensional surfaces between study and working casts. Jouranl of Prosthodontic Research 2016 Jan 25. pii: S1883-1958(15)00114-0. doi: 10.1016/j.jpor.2015.12.007. [Epub ahead of print]

    Takashi Matsuda, Takaharu Goto, Kosuke Kurahashi, Toshiya Kashiwabara, Tetsuo Ichikawa: Development of a digital impression procedure using photogrammetry for complete denture fabrication. International Journal of Computerized Dentistry (in press)

    Anderud J, Abrahamsson P, Jimbo R, Isaksson S, Adolfsson E, Malmström J, Naito Y, Wennerberg A: Guided bone augmentation using ceramic space-maintaining devices: the impact of chemistry. Clin Cosmet Investig Dent. 2015 Mar 12;7:45-53. doi: 10.2147/CCIDE.S78589. eCollection 2015

    Jimbo R, Naito Y, Galli S, Berner S, Dard M, Wennerberg A: Biomechanical and Histomorphometrical Evaluation of TiZr Alloy Implants: An in vivo Study in the Rabbit.Clin Implant Dent Relat Res. 2015 Oct;17 Suppl 2:e670-8. doi: 10.1111/cid.12305. Epub 2015 Apr 16.

    H Chen, Kazutomo Yagi, FR Almeida, BT Pliska and AA Lowe: A pilot study on the dentoalveolar and skeletal effects of two functional appliances in class 2, division 1 growing children.Int J Orthod Milwaukee., Vol.26, No.2, pp.15-20, 2015.

    Ashrin MN, Arakaki R, Yamada A, Kondo T, Kurosawa M, Kudo Y, Watanabe M, Ichikawa T, Hayashi Y, Ishimaru N. A critical role for thymic stromal lymphopoietin in nickel-induced allergy in mice. J Immunol. 2014 May 1;192(9):4025-31.

    Takaharu Goto, Kan Nagao, Yuichi Ishida, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa. Influence of female attachment installation load on movement and resultant forces in implant overdentures. Journal of Prosthodontics 2014 24:156-63

    Sapaar B, Nur A, Hirota K, Yumoto H, Murakami K, Amoh T, Matsuo T, Ichikawa T, Miyake Y. Effects of extracellular DNA from Candida albicans and pneumonia-related pathogens on Candida biofilm formation and hyphal transformation. J Appl Microbiol. 2014 Jun;116(6):1531-42.

    Galli S, Naito Y, Karlsson J, He W, Miyamoto I, Xue Y, Andersson M, Mustafa K, Wennerberg A, Jimbo R. Local release of magnesium from mesoporous TiO2 coatings stimulates the peri-implant expression of osteogenic markers and improves osteoconductivity in vivo. Acta Biomater. 2014 Aug 18. pii: S1742-7061(14)

    Naito Y, Jimbo R, Bryington MS, Vandeweghe S, Chrcanovic BR, Tovar N, Ichikawa T, Paulo G C, Wennerberg A. The influence of 1α.25-dihydroxyvitamin d3 coating on implant osseointegration in the rabbit tibia. J Oral Maxillofac Res. 2014 Oct 1;5(3):e3.

    Nakamichi A, Matsuyama M, Ichikawa T. Relationship between mouthful volume and number of chews in young Japanese females. Appetite. 2014 Dec;83:327-32.

    Takaharu Goto, Atsuko Nakamich, Megumi Watanabe, Kan Nagao, Miwa Matsuyama, Testuo Ichikawa. Influence of food volume per mouthful on chewing and bolus properties. Physiology & Behavior 2014 141:58-62

    窪木拓男,市川哲雄,馬場一美,秀島雅之,佐藤裕二,和気裕之,永尾 寛,上田(小平)順加,大野(木村)彩,-玉置勝司,津賀一弘,櫻井 薫,佐藤博信,石橋寛二,矢谷博文,大山喬史,赤川安正,平井敏博,佐々木啓一,古谷野潔.補綴歯科治療の難易度を測定するプロトコルの信頼性の検討 -(社)日本補綴歯科学会による多施設臨床研究-.日本補綴歯科学会誌 5(2):224-239 2013.

    松香芳三,萩原芳幸,玉置勝司,竹内久裕,藤澤政紀,小野高裕,築山能大,永尾 寛,津賀一弘,會田英紀,近藤尚知,笛木賢治,塚崎弘明,石橋寛二,藤井重壽,平井敏博,佐々木啓一,矢谷博文,五十嵐順正,佐藤裕二,市川哲雄,松村英雄,山森徹雄,窪木拓男,馬場一美,古谷野潔.補綴歯科治療病名の信頼性と妥当性の検討.日本補綴歯科学会誌 5(3):281-290 2013.

    Suito H, Iwawaki Y, Goto T, Tomotake Y, Ichikawa T.Oral factors affecting titanium elution and corrosion: an in vitro study using simulated body fluid.PLoS One 2013 Jun 7;8(6) e66052.

    Yoshihito Naito, Ashrin N Meinar, Yuki Iwawaki, Toshiya Kashiwabara, Takaharu Goto, Teruaki Ito, Tetsuro Sakuma and Tetsuo Ichikawa.Recording of individual identification information on dental prostheses using fluorescent material and UV-LED.International Journal of Prosthodontics 26(2): 172-174 2013.

    Yoshihito Naito, Jiyoung Bae, Yoritoki Tomotake, Kenichi Hamada, Kenzo Asaoka, Tetsuo Ichikawa.Formability and mechanical properties of porous titanium produced by a moldless process. J Biomed Mater Res B Appl Biomater. 101(6):1090-4 2013.

    Elisabeth A.W.J. De Wilde, Ryo Jimbo, Ann Wennerberg, Yoshihito Naito, Paul Coucke, Matthew S. Bryington, Stefan Vandeweghe, Hugo De Bruyn.The Soft Tissue Immunologic Response to Hydroxyapatite-Coated Transmucosal Implant Surfaces: A Study in Humans.Clinical Implant Dentistry and Related Research, Volume *, Number *, 2013

    水頭英樹,後藤崇晴,岩脇有軌,友竹偉則,市川哲雄.磁性アタッチメントを用いたミニインプラントオーバーデンチャーにおける力学解析.日本口腔インプラント学会誌 26(4):660-667 2013.12 Hideshima M., Ichikawa T., Koshino H., Hoshiai K., Tanaka J., Ozawa S., Suzuki Y., Umekawa Y., Ishigami T., Nagao K., Sone M., Kono M., Wada J., Wadachi J., Nishiyama A..磁性アタッチメントの適用の診療ガイドラインの策定 経緯とデルファイ法による調査結果(Formulating Clinical Practice Guidelines for Magnetic Attachment Applications: The Process and Results of a Survey Using the Delphi Method).日本磁気歯科学会雑誌 (0918-9629)22巻2号 Page47-51(2013.12)

    Ali Alenezi, Yoshihito Naito, Martin Andersson, Bruno R. Chrcanovic, AnnWennerberg, and Ryo Jimbo.Characteristics of 2 Different Commercially Available Implants with or without Nanotopography.International Journal of Dentistry Volume 2013, Article ID 769768, 8 pages.

    Takanori Kawano, Widyasri Prananingrum, Takaharu Goto, Yoshihito Naito, Megumi Watanabe,Yoritoki Tomotake,Tetsuo Ichikawa.Blue-violet laser modification of titania treated titanium: antibacterial and osteo-inductive effects.PLoS One. 2013 Dec 17;8(12):e84327

    Yoshihito Naito, Takayuki Terukina, Silvia Galli, Yusuke Kozai, Stefan Vandeweghe, Tatsuaki Tagami, Tetsuya Ozeki, Tetsuo Ichikawa, PG Coelho, Ryo Jimbo. The effect of simvastatin-loaded polymeric microspheres in a critical size bone defect in the rabbit calvaria. International Journal of Pharmaceutics, 461(1-2):157-62. 2014.1.30

    Galli S, Naito Y, Karlsson J, He W, Andersson M, Wennerberg A, Jimbo R. Osteoconductive Potential of Mesoporous Titania Implant Surfaces Loaded with Magnesium: An Experimental Study in the Rabbit. Clin Implant Dent Relat Res. 2014 Feb 20. doi: 10.1111/cid.12211. [Epub ahead of print]

    柏原稔也,米山武義,中道敦子,本田 剛,東岡 紗知江,後藤崇晴,永尾 寛,市川哲雄.In vitroカンジダバイオフィルムに対する電解次亜水の効果.老年歯科医学会誌 28(3) 277-283 2014

    東岡 紗知江 , 比嘉 仁司 , 本田 剛 , 中道 敦子 , 本釜 聖子 , 永尾 寛 , 市川 哲雄.スダチのにおい刺激および温熱刺激による唾液分泌促進補助法の考案.老年歯科医学 29(1), 3-10, 2014

    中道敦子,後藤崇晴,東岡紗知江,松山美和,市川哲雄.一般青年の食行動についての実態調査.日本咀嚼学会雑誌22(1):26-35,2012.5

    楓公士朗,後藤崇晴,田中佑人,菱川龍樹,藤野智子,前田 望,村上大輔,米田博行,Wirianski Alexander,小嶺裕子,服部佳功.下顎に対する理学療法が咀嚼動作に及ぼす影響.日本顎口腔機能学会雑誌 18(2): 161-166, 2012.

    Tetsuo Ichikawa, Kan Nagao, Takaharu Goto.Alternative Decision Making Considerations in Prosthodontics.International Journal of Prosthodontics 25(3): 260-261 2012

    Jing Li, Katsuhiko Hirota, Takaharu Goto, Hiromichi Yumoto, Yoichiro Miyake, Tetsuo Ichikawa.Biofilm Formation of Candida albicans on Implant Overdenture Materials and Its Removal.Journal of Dentistry 40(8): 686-692 2012.

    Takaharu Goto, Hidenobu Nishinaka, Toshiya Kashiwabara, Kan Nagao, Tetsuo Ichikawa.Main occluding area in partially edentulous patients: changes before and after implant treatment.Journal of Oral Rehabilitation 39(9): 677-683 2012.

    Megumi Watanabe, Naozumi Ishimaru, Meinar Nur Ashrin, Rieko Arakaki, Akiko Yamada, Tetsuo Ichikawa, Yoshio Hayashi.A Novel DC Therapy with Manipulation of MKK6 Gene on Nickel Allergy in Mice.PLoS ONE 6(4)E19017 2011.4.

    Hideki Suito, Yoritoki Tomotake, Megumi Watanabe, Daisuke Nagao, Yuichi Ishida, Tetsuo Ichikawa.Survival of immediate implant restoration: A retrospective study through 9-year-observation.Journal of Prosthodontic Research 55:141-145 2011

    岡 謙次, 井上 三四郎, 河野 孝則, 市川 哲雄.二酸化チタン塗布エナメル質への青紫色半導体レーザー照射の影響,漂白効果について.日本補綴歯科学会誌 3(1):26-31,2011.1.

    Jian Rong Chen, Yoritoki Tomotake, Megumi Watanabe, Yuichi Ishida, Kan Nagao, Tetsuo Ichikawa.Telescopic Magnetic Attachment for Implant-Supported Denture: Evaluation of Splint Effect.The International Journal of Oral & Maxillofacial Implants 26(3):657-664,2011.

    Seiko Hongama, Kan Nagao, Sachie Toko, Kyuma Tanida, Masatake Akutagawa, Yousuke Kinouchi, Tetsuo Ichikawa.MI sensor-aided screening system for assessing swallowing dysfunction: Application to the repetitive saliva-swallowing test.Journal of Prosthodontic Research 56:53-57,2012.

    総説

    服部佳功、枝広あや子、渡邊 裕、平野浩彦、古屋純一、中島純子、田村文誉、北川 昇、堀一浩、原 哲也、吉川峰加、西 恭宏、永尾 寛、市川哲雄、櫻井 薫.認知症患者の歯科治療に対する疑問と問題点 -Clinical question調査から-.一般社団法人日本老年歯科医学会 作成組織 ガイドライン委員会.老年歯科医学 31(1):3-8 2016.6.30.

    水口俊介、津賀一弘、池邉一典、上田貴之、田村文誉、永尾 寛、古屋純一、松尾浩一郎、山本 健、金澤 学、渡邊 裕、平野浩彦、菊谷 武、櫻井 薫.高齢者における口腔機能低下 -学会見解論文 2016年度版-.老年歯科医学 31(2):81-99 2016.9.30.

    神保良,神野洋平,柴原清隆,内藤禎人: インプラント最先端表面改質の可能性と臨床応用への課題. Journal of Oral Health and Biosciences 27(2) 63-69 2015

    Yuichi Ishida, Keiko Fujimoto, Nobuaki Higaki, Takaharu Goto, Tetsuo Ichikawa: End points and assessments in esthetic dental treatment. Journal of Prosthodontic Research 59(4), 229-235, 2015

    松田 岳,後藤崇晴,柏原稔也,市川哲雄: 無歯顎補綴における咬合平面設定に関する文献考察. Journal of Oral Health and Biosciences 28(1) 13-19 2015.

    市川哲雄、後藤崇晴、岩脇有軌、檜垣宜明、内藤禎人: 力を受ける生体側の観点から. シリーズ:補綴装置および歯の延命のためにPart3-力のコントロール- 日本補綴歯科学会誌 7(4):357-362 2015

    永尾 寛: 歯科医から見た摂食嚥下障害へのアプローチ. BRAIN NURSING 31(12):51-53 2015.

    市川哲雄、矢儀一智: 全部床義歯における咬合に関する統一見解. 企画:第124回学術大会/専門医研修単位認定セミナー「全部床義歯補綴の統一見解」日本補綴歯科学会誌 18(1):24-30 2016.1.10

    後藤崇晴,岩脇有軌,渡邉 恵,永尾 寛,市川哲雄.補綴装置による個人認証システムに関する文献的考察.Journal of Oral Health and Biosciences 27  63-69 2015.

    Nobuaki Higaki, Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Megumi Watanabe, Yoritoki Tomotake, Tetsuo Ichikawa.Do sensation differences exist between dental implants and natural teeth?: a meta-analysis.Clinical Oral Implants Research; Volume 25, Issue 11, pages 1307?1310, November 25(11): 1307-1310 2014.

    渡邉 恵.皮膚免疫機構を利用した金属アレルギー検査方法開発へのアプローチ.日補綴会誌,日本補綴歯科学会雑誌, 6(1),41-43,2014.

    檜垣 宜明, 後藤 崇晴, 友竹 偉則, 西中 英伸, 今井 守夫, 檜原 司, 市川 哲雄.インプラントの感覚能に関する文献的考察:天然歯との比較.日本口腔インプラント学会誌; 26(2), 272-280, 2013.6.30

    水頭英樹、後藤崇晴、友竹偉則、市川哲雄.固定方法からみたインプラント上部構造の臨床的・文献的考察.四国歯学会雑誌 25(2):39-46 2013.1.31

    永尾 寛、後藤崇晴、石田雄一、市川哲雄.磁性アタッチメントの診療ガイドライン策定 デルファイ法とは.日本磁気歯科学会雑誌 21(1):32-36 2012.12.1

    東岡紗知江、本釜聖子、本田剛、柏原稔也、永尾 寛、市川哲雄.口腔ケアと歯科医療デバイス.四国歯学会雑誌 24(2):35-37 2012.1.31

    小宮山彌太郎,市川哲雄.審美領域におけるインプラント補綴のコンセンサス.日本補綴歯科学会誌 4(1):1-2 2012.1.10.

    その他(症例報告,研究報告書,会報,座談会等)

     白山靖彦、市川哲雄、柳沢志津子、尾崎和美.離島における福祉崩壊の危機 ~西表島訪問記~.月刊介護保険 №249:23 2016.11.1.
     Keiko Fujimoto, Norikazu Minami, Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Megumi Watanabe, Kan Nagao, Tetsuo Ichikawa.Hardness, Cohesiveness, and Adhesiveness of Oral Moisturizers and Denture Adhesives: Selection Criteria for Denture Wearers.Dent. J. 20164(4) 34; doi:10.3390/dj4040034
     Suguru Kimoto, Yasuhiko Kawai, Atsuko Gunji, Hisatomo Kondo, Taro Nomura, Tomohiko Murakami, Akito Tsuboi, Guang Hong, Shunsuke Minakuchi, Yusuke Sato, Gaku Ohwada, Tetsuya Suzuki, Katsuhiko Kimoto, Noriyuki Hoshi, Makiko Saita, Yoshikazu Yoneyama, Yohei Sato, Masakazu Morokuma, Joji Okazaki, Takeshi Maeda, Kenichiro Nakai, Tetsuo Ichikawa, Kan Nagao, Keiko Fujimoto, Hiroshi Murata, Tadafumi Kurogi, Kazuhiro Yoshida, Masahiro Nishimura, Yasuhiro Nishi, Mamoru Murakami, Toshio Hosoi, Taizo Hamada.tudy protocol for a multi-center, randomized controlled trial to develop Japanese denture adhesive guidelines for patients with complete dentures: the Denture Adhesive Guideline trial: study protocol for a randomized controlled trial. Trials.17(1): 506, 2016 
     市川哲雄、矢儀一智、松田 岳.リレー連載 補綴の底力(3) 高齢者の口腔機能を支える歯科補綴.補綴臨床50(2):164-173 2017.3.

    市川哲雄: 歯科用金属による金属アレルギーの臨床病態と補綴学的対応に関する多施設調査. 日本補綴歯科学会誌 7(3):234-235 2015.

    友竹偉則、岩脇有軌、後藤崇晴、西中英伸、市川哲雄: インプラント上部構造における前装材破折と主機能部位との関連について.日本口腔インプラント学会誌 28(3):26-33 2015

    友竹偉則、田島登誉子、内藤禎人、清水裕次、山田幸夫、石田雄一、市川哲雄: 臨床研究報告 グラスファイバーで補強された高強度コンポジットレジンを用いた3ユニットブリッジ治療について. Journal of Oral Health and Biosciences 28(2):55-62 2016.

    津村希望,友竹偉則,石田 修,市川哲雄.基本的な歯科技工の“勘どころ” -臨床例から得られた具体的アドバイスをとおして熟練歯科技工士から新人歯科技工士への技術の継承を図る 第8回 上顎前歯部のインプラント補綴から“技工操作の総合的な調整”を学ぶ.歯科技工 43(2)208-219 2015.2.1

    鴨居浩平,清水裕次,石田雄一,市川哲雄.基本的な歯科技工の“勘どころ” -臨床例から得られた具体的アドバイスをとおして熟練歯科技工士から新人歯科技工士への技術の継承を図る 第7回 審議領域の1歯欠損のインプラント治療から“インプラント周囲組織への配慮”を学ぶ.歯科技工 43(1)98-106 2015.1.1

    市川哲雄,石田雄一.歯科における磁気用途の将来.日本磁気歯科学会雑誌 (0918-9629)22巻1号 Page36-40(2013.12)

    津村希望,石田 修,永尾 寛,市川哲雄.基本的な歯科技工の“勘どころ” -臨床例から得られた具体的アドバイスをとおして熟練歯科技工士から新人歯科技工士への技術の継承を図る 第6回 全部床義歯における“人工歯の排列と咬合の重要性”を学ぶ-リンガライズドオクルージョンによる対応.歯科技工 42(12)1406-1415 2014.12.1

    鴨居浩平,永尾 寛,清水裕次,市川哲雄.基本的な歯科技工の“勘どころ” -臨床例から得られた具体的アドバイスをとおして熟練歯科技工士から新人歯科技工士への技術の継承を図る 第5回 全部床義歯における歯科医師と歯科技工士との“情報共有の重要性”を学ぶ.歯科技工 42(11)1244-1253 2014.11.1

    鴨居浩平,清水裕次,矢儀一智,市川哲雄.基本的な歯科技工の“勘どころ” -臨床例から得られた具体的アドバイスをとおして熟練歯科技工士から新人歯科技工士への技術の継承を図る 第4回 少数歯残存症例のパーシャルデンチャーから残存歯との“調和”を学ぶ.歯科技工 42(10)1160-1169 2014.10.1

    津村希望,友竹偉則,石田 修,市川哲雄.基本的な歯科技工の“勘どころ” -臨床例から得られた具体的アドバイスをとおして熟練歯科技工士から新人歯科技工士への技術の継承を図る 第3回 上顎片側中間欠損に対するパーシャルデンチャーから“技師の設計”を学ぶ.歯科技工 42(9)1000-1009 2014.9.1

    Obaydi-Mandel A, Petrov SD, Drew HJ/訳;後藤崇晴,渡邉 恵,市川哲雄.問題を抱えた歯の治療計画における意思決定アルゴリズム.ザ・クインテッセンス 33(9) 183-192 2014.9.10

    津村希望,清水裕次,渡邉 恵,市川哲雄.基本的な歯科技工の“勘どころ” -臨床例から得られた具体的アドバイスをとおして熟練歯科技工士から新人歯科技工士への技術の継承を図る 第2回 変色支台歯へのオールセラミックブリッジから残存歯との“調和”を学ぶ.歯科技工 42(8)908-917 2014.8.1

    鴨居浩平,石田 修,石田雄一,市川哲雄.基本的な歯科技工の“勘どころ” -臨床例から得られた具体的アドバイスをとおして熟練歯科技工士から新人歯科技工士への技術の継承を図る 第1回 上顎左側中切歯ジルコニアクラウンから“色感”を学ぶ.歯科技工 42(7)765-775 2014.7.1

    渡邉 恵,市川哲雄.皮膚免疫機構を利用した金属アレルギー検査方法開発へのアプローチ.歯界展望 123(5) 1012-1016 2014.5.15

    大石慶二,竹内久裕,松尾敬志,吉本勝彦,市川哲雄.広島大学歯学部臨床実習視察報告.四国歯学会雑誌 26(2):71-79 2014

    菅俊行,野口直人,松尾敬志,吉本勝彦,市川哲雄.日本大学松戸歯学部臨床実習視察報告.四国歯学会雑誌 26(2):81-89 2014

    Hideshima, T. Ichikawa, H. Koshino, K. Hoshiai, J. Tanaka, S. Ozawa, Y. Suzuki, Y. Umekawa, T. Ishigami, K. Nagao, M. Sone, M. Kono, J. Wada, J. Wadachi and A. Nishiyama.Formulationg Clinical Practice Guidelines for Magnetic Attachment Applications: The Process and Results of a Survey Using the Delphi Method.The Journal of the Japanese Sociaty of Magnetic Applications in Dentistry 22(2) 47-51 2013.12.01

    Nagao, T. Goto, Y. Ishida, T. Ichikawa, M. Hideshima, H. Koshino, K. Hoshiai and Y. Umekawa.Should Occlusal Pressure be Applied in Fixing Magnet Assenmlies to Denture? An Evaluation using the Delphi Technique.The Journal of the Japanese Sociaty of Magnetic Applications in Dentistry 22(2) 43-46 2013.12.01

    Goto, Y. Ishida, K. Nagao and T. Ichikawa.Long-term follow-up case reports on the use of magnetic attachment as intracoronal / extracoronal attachments.The Journal of the Japanese Sociaty of Magnetic Applications in Dentistry 22(2) 12-14 2013.12.01

    後藤崇晴.主機能部位と補綴治療.四国歯学会雑誌 26(1):11-15 2013.7.17

    細木真紀,松尾敬志,永田俊彦,市川哲雄,松香芳三,田中栄二.審美歯科 25(2)92 審美歯科関係外来紹介 2013.3.

    櫻井 薫,石田 瞭,市川哲雄,小野高裕,菊谷 武,杉山哲也,須田牧夫,田村文誉,津賀一弘,永尾 寛,中島純子,古屋純一,堀 一浩.節食・嚥下リハビリテーションにおける診断支援としての舌機能検査法の確立.日本歯科医学会誌 32 March 2013:68-72 2013.3.31

    Teruaki Ito, Nevan C. Hanumare, Tetsuo Ichikawa, Alexander H. Slocum.Expectation management in a global collaboration project using a deterministic design approach.Proceedings of the ASME 2012 International Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference 2012.8.12-15

    渡邉 恵,市川哲雄.歯の詰め物が原因で金属アレルギーになることはありますか?インプラントのチタンも金属アレルギーを引き起こす場合があるのでしょうか? 皮膚科から歯科での金属除去療法を勧められました。。どんな治療法ですか?おくちの健康百科、あなたの健康百科、メディカルトリビューン 2012:1~2月

    竹内久裕,菅 俊行,桃田幸弘,尾崎和美,中道敦子,三宅洋一郎,吉本勝彦,市川哲雄.日本歯科大学臨床実習視察報告.四国歯誌 24(2):85-94 2012.1.31

    永尾 寛,木村智子,泰江章博,三宅洋一郎,吉本勝彦,市川哲雄.東京医科歯科大学歯学部歯学科の臨床実習視察報告.四国歯誌 24(2):79-84 2012.1.31

    古谷野潔,市川哲雄,鱒見進一,水口俊介,村田比呂司.座談会1 超高齢社会で求められる義歯治療の指針.DENTAL Press ADVANCE denture special 2-7 2012.1.

    永尾 寛.診療ガイドラインの必要性とその作成方法 デルファイ法によるコンセンサスの形成.研究成果報告会「補綴歯科診療におけるエビデンスの構築とガイドラインの作成」2011.11.18 仙台

    柏原稔也,後藤崇晴,市川哲雄.義歯のプロケア.補綴臨床別冊 補綴臨床のトラブルシューティング 190-191 2011.5.20

    東岡紗知江,永尾 寛,市川哲雄.義歯のセルフケア.補綴臨床別冊 補綴臨床のトラブルシューティング 188-189 2011.5.20.

    本釜聖子,永尾 寛,市川哲雄.義歯装着による嘔吐反射.補綴臨床別冊 補綴臨床のトラブルシューティング 134-135 2011.5.20

    長尾大輔,市川哲雄.オッセオインテグレーションの成立,破綻に大きく影響を与えるメカニカルストレスに関する分子生物学的研究.日本歯科評論 71(1):9-11 2011.1.11

    表彰

    大学関係

    倉橋宏輔;平成28年度口腔科学教育部研究奨励賞(2016.5.)
    馬場拓朗;平成28年度口腔科学教育部研究奨励賞(2016.5.)
    後藤崇晴;大学院医歯薬学研究部長表彰(2017.3.9)
    檜垣宜明;平成29年度大学院優秀学位論文賞(2017.3.23)
    檜垣宜明:平成27年度康楽賞受賞(2015.01)
    石田雄一:西野瑞穂歯科臨床医学奨励賞(2016.1)
    水頭英樹:平成25年度学位論文優秀者賞(2014.3.24)
    永尾 寛;平成25年度康楽賞受賞(2014.01)
    後藤崇晴:平成24年度西野瑞穂歯科臨床医学奨励賞
    渡邉 恵:平成24年度歯学部優秀研究賞(2012.07)
    永尾 寛:平成24年度歯学部優秀教育賞(2012.07)
    渡邉 恵:第6回西野瑞穂歯科臨床医学奨励賞(2012.1.25)

    学会関係

    馬場拓朗,後藤崇晴,藤本けい子,本田 剛,永尾 寛,市川哲雄:一般社団法人日本老年歯科医学会 第27回学術大会 課題口演 優秀発表賞(2016.6.18) オトガイ舌骨筋に着目した口腔機能低下予測因子の検討

    檜垣宜明:公益社団法人日本補綴歯科学会第125回学術大会課題口演賞(2016.7.10) 歯根膜からの感覚情報が前頭前野の活動に与える影響

    檜垣宜明:公益社団法人日本口腔インプラント学会学会第46回学術大会優秀研究発表賞(2016.9.17) 咬合力維持における前頭前野の活動と感覚統合:インプラントと天然歯の比較

    Widyasri Prananingrum:第4回日本バイオマテリアル学会中四国シンポジウム優秀発表賞(2016.2.16) The effect of simvastatin-loaded PLGA microspheres and nanosphers on bone regeneration
    後藤崇晴、藤本けい子、水藤英樹、南 憲一、柏原捻也、鴨居浩平、市川哲雄:日本義歯ケア学会第8回学術大会優秀口演賞(2016.1.24)「義歯への情報書き込みに関する検討
    市川哲雄:日本口腔インプラント学会特別論文賞 (2015.9)
    Widyasri Prananingrum:第3回日本バイオマテリアル学会中四国シンポジウム優秀発表(2015.1.28) Development of Calcium Phosphate Bone Cement Containing Clarithromycin-Loaded PLGA Particles
    Nobuaki Higaki, Takaharu Goto, Yuichi Ishida, Kan Nagao, Tetsuo Ichikawa:The 3rd ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference Winner of Poster Presentation Award(2014.12.4) Effects of vibratory and gustatory stimulations on cerebral blood flows
    水頭英樹:平成25年度公益社団法人日本補綴歯科学会特定推進研究論文賞(2014.5.23) Oral factors affecting titanium elution and corrosion: an in vitro study using simulated body fluid.
    内藤禎人:平成25年度社団法人日本補綴歯科学会中堅優秀論文賞(2014.5.23) Formability and mechanical properties of porous titanium produced by a moldless process.
    後藤崇晴:平成24年度社団法人日本補綴歯科学会奨励論文賞 (2013.5.17) Main occluding area in partially edentulous patients: Changes before and after implant treatment
    本釜聖子:公益社団法人日本補綴歯科学会中堅優秀論文賞(2013.5.17) MI sensor-aided screening system for assessing swallowing dysfunction: Application to the repetitive saliva-swallowing test
    渡邉 恵 平成23年度社団法人日本補綴歯科学会中堅優秀論文賞 (2012.5.25) A novel DC therapy with manipulation of MKK6 gene on nickel allergy in mice
    Takaharu Goto、Nobuaki Higaki、Yoritoki Tomotake、Kan Nagao、Tetsuo Ichikawa;ASEAN plus and TOKUSHIMA Joint International Conference 4th Winner of poster Competition(2012.12.8) Sensation of osseointegrated implants: Systematic literature review and new neurophysiological approach

    石田雄一;第41回公益社団法人日本口腔インプラント学会・学術大会「優秀研究発表賞」(2011.9.18) インプラント暫間上部構造による最終上部構造の推定:前装部破損と隣接面コンタクトの離開

    研究テーマ


    本教室では、以下のような4本柱をたて、研究を進めております。

    1. 従来の歯科補綴学の評価、系統的整理

    2. より審美的、より機能的な補綴歯科治療の開発

    3. 摂食/嚥下/言語リハビリテーション、口腔ケアに関する研究

    4. 補綴歯科治療を改善するための、より生物学的・工学的なアプローチ

    従来の歯科補綴学の評価、系統的整理

    (公社)日本補綴歯科学会のガイドライン作成、症型分類の策定などに積極的に参加し、協力を行ってきました。また、臨床解剖学や生命科学の観点から無歯顎補綴治療学(全部床義歯学)の見直しを進め、著書、総説などの著作物を通して、様々な提案、啓発を行ってきました。現在これを元に、有床義歯,とくに全部床義歯による無歯顎補綴治療のデジタル化の研究を進めています。

    より審美的、より機能的な補綴歯科治療の開発

    歯科インプラント関する臨床、研究を本学では最も早くに、また全国の大学の中でも早期から取り組んできました。補綴主導型インプラント治療(パイロットホールプレパレーション)、CT・CBCTの導入と評価、即時インプラント治療の導入と評価、インプラント-天然歯間の離開、インプラント上部構造の破損、下顎骨の歪み、主機能部位の回復などインプラントの臨床的な重要な問題を早期に提起、検討してきました。現在もこの研究姿勢を堅持するとともに、各種のバイオマテリアルの開発を当教室出身の口腔インプラントセンターの教員と共同で進めています。

    摂食/嚥下/言語リハビリテーション、口腔ケアに関する研究

    高齢者、要介護高齢者の補綴的な問題について、口腔ケアの重要性がまだ叫ばれていない時代から、この問題の重要性に気づき、デンチャープラークコントロールや舌機能の面から研究を行ってきました。あわせて、カンジダバイオフィルムに関する研究、摂食・嚥下機能のスクリーニング検査に関する研究なども行ってきました。さらに現在は、口腔機能と脳機能との関連、口腔機能の加齢変化、食塊形成の観点から研究を進めています。

    補綴歯科治療を改善するための、より生物学的・工学的なアプローチ

    金属アレルギー発症の分子メカニズム、力学的刺激に対する分子メカニズムなど補綴歯科治療に関連した重要な問題を分子レベルで明らかにすることに取り組んでいます。フェムト秒レーザーによる補綴装置に対する微小加工の研究、青紫レーザーに対するチタン表面改質など先端的な工学機器の補綴的応用に取り組んできました。

    さらに見る